お風呂の覗き!?私がやった、自分でできる3つの防犯対策

お風呂の換気窓に人影が・・・!

あまり犯罪がない田舎だったので、あまり防犯などに熱心になっていませんでした。

1階にお風呂がある自宅だったのですが、お風呂に入っていると換気する窓の所に人影があり、覗かれていました。

最初は見間違いだと思っていたのですが、2日目も人影があり…

あの『人影』が見間違いじゃないことがわかりました。

私がやった3つの防犯対策

私はまず警察に連絡をし、パトロールを強化してもらうようお願い。

夜20:00~22:00頃は警察がパトロールしてくれている、とわかってからお風呂に入るようにしました。

その後、窓はすりガラスにして、家の周りを踏むと大きな音がする砂利で囲みました。ホームセンターで売っている、『ガリッ』と音がする軽石みたいなものです。

あと、家の周りを囲っていた生け垣を少し背の高いものにして目隠しをしました。背の高いミエカナメを10本ぐらい植えて、ネットも張りました。

覗きがあった1ヶ月くらいは1人でお風呂に入るのが怖かったのですが、警察のパトロール・音の出る砂利・背の高い生け垣で安心してお風呂に入ることが出来ました。

自分の身は自分で守る、けど

周りに犯罪がないと安心しきってしまいますが、いつどうなるかわかりません。

自分で出来る防犯をしっかりやった方がいいと思った出来事でした。

これからも安心しきらず、防犯グッズを買い足していこうと思っています。

今後、ダミーの防犯カメラと人が通るとセンサーが反応し電気がつくのを玄関先と、道路に面していなくて人に見られずらい通りに取り付けようか検討中です。

またアルソックの一般家庭向け警備も本格的に考えることにしました。最悪、私は良いとしても年頃の娘が心配です。

自分の身は自分で守りつつ、守ってもらうことも大事だと感じる出来事でした。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

NO IMAGE

自宅の防犯にカメラ付きインターホン導入!取り付け後の変化