自宅の防犯にカメラ付きインターホン導入!取り付け後の変化

満を持して…防犯カメラを設置。

私がホームセキュリティで一番良いと思ったやり方は、いたって簡単ではありますが、インターホンをカメラ付きの物に変えたことです。

皆さんやってるようでやってないお家も多いもので、特に古いお家はやってない家がまだまだ目立ちます。

カメラ付きのしかも録画機能にしてから、チャイムが鳴っても誰がきたか分かりますし、変な人物や知らない人物などならば出なければ良いことになりました。

 

取付前・取付後に感じた変化

以前取り付けていない時は、新聞の営業の変なおじさんが断ってもしつこくて、ずっと玄関に居座ってしまって怖かったことがありました。

しかし今はインターホン越しに断れますし、居留守も使えます。

今の世の中は本当に怖い世の中になってますので、うかつに出てしまって部屋にでも入られてしまったら密室になってしまって何をされても外にはわからなくなってしまいます。

それをまず第一段階で防げるのがカメラ付きインターホンだと思います。

これを付けてからはそもそも変な人がくることがすくなくなりましたし、夫にも変な人は一切でなくていいと伝えてあります。

防犯は「やりすぎ」くらいが丁度良い

配達予定の配達業者さんが配達予定時間に来たときだけ出るように伝えてありますので、それ以外の人間は例えばしっかりした身だしなみでも出ないようにしてあります。

やり過ぎくらいの防犯がこれからは必要になると思います。

今後は本格的にホームセキュリティ業者も使ってみようと思っています。

まずは大手のセコムとアルソックを比較してみて、良い方に見積もりを取ってもらう予定です。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

NO IMAGE

お風呂の覗き!?私がやった、自分でできる3つの防犯対策